kiyataの武者修行

今年の五月にkiyataは会社を辞めて高山にある木工の学校に入学しました。v
飛騨国際工芸学園
飛騨は木工芸が盛んな土地で、質のいい家具メーカーがたくさんあります
その後継者を育てるという目的で設立されたのがこの学校!
先生たちも飛騨で木工業を営む職人さんがたくさんいて、
生きた木工を学べます(反面、先生によって言うことが違うというデメリットも、、みんな職人だから(笑) )
といってもここは二年制の学校でとても全部は受講しきれません。
ので生涯学習コースというその二年のカリキュラムを九つの講座に分けて好きな所を受講できるというコースを取りました

受講者は必ず一番目に手工具の仕込みをするクラスを一番に受講しなくてはなりません
もちろん、機械類は使わず、手で使う工具だけで全部のことを処理します
当然、技術もいるし、時間もかかる。けど職人の一番大切なことを教えてもらえます。
kiyataはここで最初の一週間ノミを磨いでいたそうです
一週間ノミ削りの刑(笑

そこでkiyataが 私に作ってくれた箱です
c0144173_23502187.jpg


この箱、元はまだ皮も取ってない木の輪切りからのこぎりとカンナだけで正確に何ミリとかの
厚さを切り出します。
これがkiyataはもうまっすぐだと思っても先生たちはなかなかOKをくれません。
すごく苦労して作ってくれました
c0144173_23531986.jpg


そのかいあってか、どこの引き出しを開けるのもすごくスムーズ!糸一本はさまっていてもきちんと閉じてくれません

デザインも初級のコースで課題に出される箱のデザインが好きじゃなかったので自分でいろいろ考えちゃったらしいです
先生からいろんな木の端切れをもらって取っ手もつけたり。

私はこの箱にアクセサリーのパーツや道具を入れています
自分の部屋のない私はこの箱をもってうろうろして、落ち着きのいい場所でこつこつアクセサリーを作ります
まさにこの姿こそkiyataがこの箱を作るときに思い浮かべた光景だそうです

x
[PR]
by muna-muna | 2007-11-10 00:15 | kiyata works


KIYATAの活動


by muna-muna

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

KIYATA HPはこちらから
www.kiyata.net

facebook
KIYATAのfacebookページはこちら

Twitter
KIYATA日々の制作、お知らせはこちら

カテゴリ

全体
kiyata works
告知
プレス情報
public art
アート

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
more...

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧