潮風の記憶

c0144173_21372573.jpg

「そういえばこの前おばあちゃんがまた
綺麗なしおりを作って送ってくれたから机の上に置いておいたよ」


一階から縁側を掃除している母の声がした。



読みかけのままの本の上にそっと置かれていた
その手作りの押し花のしおりを手に取り、窓に向けて光にかざす。


しおりの向こうに見えた
窓枠で切り取られた青い空が綺麗で、思わず窓を開けた。
ほのかに海の香りがする冷たい風が静かな部屋に吹き込み、
本のページを数枚めくり、
その拍子で机の上に置かれたものがひらっと木の床に落ちた。




そういえばこんな写真、撮ってたな。
この絵ハガキ、書きかけのまま出してなかったな。


しゃがんで落ちたものを一つずつ手に取って見ていると、
記憶が一気に蘇る。

あの頃よく聞いていたレコードを流し、
部屋にあるものから記憶を一つ一つ丁寧に引き出す。




ゆらりと揺れたカーテンに誘われるように立ち上がり
窓に顔を向け 目を瞑って海の香りがする風を大きく吸い込む。

この香りを嗅ぐたびに広がる この窓から海が見えたあの頃の記憶。




久しぶりに帰ってきたこの部屋で
潮風とともに吹き込んできた記憶に包まれ、ほっとする。




押し花のしおりを読みかけの本の開いたページに挟み、
ぱたんと閉じ、そっと本棚に戻した。

横井宏美
作品《潮風の記憶》より


彼女の作品も、言葉も私の中の何かにつながっていて、そのものたちが呼び起こす
様々なものを楽しんでも、恐れてもいるような気もしています

自分の中の埋もれた記憶の中からほこりをかぶって、少しさびた大切な物を
拾いだしてくれたり、「もう戻ってこないのだ」と遠くにいる自分を再確認したり。

でもやはり、ありがとう。

存在することを思い出させてくれて

 






c0144173_21471881.jpg

[PR]
by muna-muna | 2009-12-08 21:47 | アート


KIYATAの活動


by muna-muna

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

KIYATA HPはこちらから
www.kiyata.net

facebook
KIYATAのfacebookページはこちら

Twitter
KIYATA日々の制作、お知らせはこちら

カテゴリ

全体
kiyata works
告知
プレス情報
public art
アート

以前の記事

2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
more...

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧